自分と向き合う虎の巻

自分と向き合う方法が沢山ある中で「書きだす」というのはかなりスタンダードな方法ですよね。書きだすことの意義をお話しします。
自分と向き合うときに、氣分と向き合うと「これ以上何も分からない」と迷路に入ってしまいます。氣分と想いの違いとは?

自分と向き合うことが、自分の粗探しになったり、過去の振り返りだけになったりしていませんか。今回は原点となることをお話しします。